サブミッションポート

サブミッションポート

迷惑メール対策「サブミッションポート」の導入!

メールの配信には通常25番(SMTP)ポートが用いられますが、インターネットでの迷惑メール撲滅の一環として各インターネットプロバイダにて「OutboundPort25 Blocking」と呼ばれる、25番ポートによる外部メールサーバへの接続規制が順次施行されております。
そのため健全なインターネット環境の構築を推進していくべくご利用中のインターネットプロバイダーがこの Outbound Port 25 Blocking を実施した場合も、従来どおり弊社サーバーをご利用いただけるよう、 SMTP サーバへ接続する際に、587番ポート(サブミッションポート[SubmissionPort])を利用可能とするための設定をご用意しました。

メールソフトの設定方法

サブミッションポートにおけるメールソフトの設定手順

※ファイアウォールソフトやセキュリティソフト、ルータ等をご利用の場合には、587番ポートへの通信を許可するよう設定変更が必要になるケースがございます。

■現在弊社にて確認済みの「Outbound Port25 Blocking」を導入している主要インターネットプロバイダは以下の通りです。
・WAKWAK [株式会社NTT-ME様]
・ぷらら [株式会社ぷららネットワークス様]
・SANNET   [NTTデータ三洋システム様]
・WITHNET [株式会社ウイズシステム様]
・@nifty [ニフティ株式会社様]
・InfoSphere [株式会社NTTPCコミュニケーションズ様]
・So-net [ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社様]
・ODN [日本テレコム株式会社様]
・BIGLOBE [NECビッグローブ株式会社様]
・ZAQ [関西マルチメディアサービス株式会社様]
・DTI [ドリーム・トレイン・インターネット株式会社様]
・IIJ [株式会社インターネットイニシアティブ様]
・DION [KDDI株式会社様]
・ASAHIネット [株式会社朝日ネット様]
・J:COM [株式会社ジュピターテレコム様]
・Yahoo!BB [ソフトバンクBB株式会社様]
・mopera U <公衆無線LAN> [NTTドコモグループ各社様]
・K-OPTI.COM [株式会社ケイ・オプティコム様]
・OCN [NTTコミュニケーションズ株式会社様]
・GyaO 光  [株式会社USEN様]
・iTSCOM.net [イッツ・コミュニケーションズ株式会社様]

※SubmissionPortとは、通常のメール送信に利用されるTCPの25番ポートの他にメールサーバがメールソフトからのメール送信を受け付ける専用ポートとしてRFC2476で規定され利用が推奨されているもので、TCP587番ポートを利用します。

国内グループ会社・出資先
  • 株式会社フューチャーヒット
  • 株式会社フューチャースピリッツ アジア
  • 株式会社フューチャーショップ
海外グループ会社・出資先
  • Future Spirits Malaysia Sdn. Bhd.
  • Future Spirits Thailand Co.,Ltd
  • 上海伯漢信息技術有限公司 Shanghai Bohan Information Technology Inc.
  • 江蘇東方易城網絡科技有限公司 DongFang Emall Network Technology Co.,Ltd
関係会社
  • e-agency