メール送信元ドメイン認証(SPF Classic/Sender ID)

送信メールが迷惑メールと判定される可能性が減少!

一部のインターネットプロバイダやフリーメールサービスでは、迷惑メール対策として送信元ドメインと送信サーバーを照合する「メール送信元ドメイン認証(SPF Classic/Sender ID)」が実施されています。

弊社では「メール送信元ドメイン認証」に対応した送信サーバーを提供することで、送信元ドメインと送信サーバーが正しく照合され、その結果、送信したメールが迷惑メールとして判定されてしまう可能性を減少させます。

メール送信元ドメイン認証に対する技術的対応により、弊社サーバーにてご利用中のメールアドレスを詐称した迷惑メールの送信防止に効果があります。

送信元ドメイン認証に対応していない場合
送信元ドメイン認証に対応している場合

※メール送信元ドメイン認証対応は、下記の条件を想定しています。
◎ 送信メールのFromアドレスドメインと送信時に使用する弊社メールサーバーにて利用中のドメインが同一である
◎ メールサーバー及びDNSサーバーは弊社のサーバーをご利用いただいている
◎ 送信メールは途中で転送されることなく受信側メールサーバーに届いている

対応済み送信元ドメイン参照

SPF Classic(SenderID)

SPF Classic(SenderID)は、一部インターネットプロバイダや大手フリーメールサービスで採用されているメール認証技術です。

送信元のDNSを参照して迷惑メールの判定を行う迷惑メール対策となります。
主に、電子メールによるフィッシング詐欺やダイレクトメールといったメールが、正しいドメインから送信されたメールかどうかの判定に用いられています。

メール判定は全てメールサーバーにて行われる為、メールの送受信時にご利用者様が特別な設定をしていただく必要はございません。
判定の仕組みは、メール送信側のDNSサーバーに記述されたドメイン情報を受信側のメールサーバーが参照し、受信時のメールの接続IPアドレスと照合することで、正常なメールであるかどうかの判定を行います。
国内グループ会社・出資先
  • 株式会社フューチャーヒット
  • 株式会社フューチャースピリッツ アジア
  • 株式会社フューチャーショップ
海外グループ会社・出資先
  • Future Spirits Malaysia Sdn. Bhd.
  • Future Spirits Thailand Co.,Ltd
  • 上海伯漢信息技術有限公司 Shanghai Bohan Information Technology Inc.
  • 江蘇東方易城網絡科技有限公司 DongFang Emall Network Technology Co.,Ltd
関係会社
  • e-agency